無理やり売買はダメ

初めて開始する時という場面ではまずは下調べを横着してはいけません。

 

トレードを行う前であったら出来事を客観的に見ることが可能です。

 

だけれども、いったん相場の内側へ入ってしまうとどうしても見え方が客観性を欠くものになってしまい、時には正しい判断を下せなくなる恐れが生じる。

 

そのために己のメンタルが合理的な状況で適切に事前準備をしておくことが大切なのだ。

 

その"準備"のためにははじめは自分だけのストーリー展開を考える事から手をつけます。

 

この先のあの通貨はこうだからユーロを売買するというような自分だけのストーリー展開を考えていきます。

 

次に重要なのは日足チャートをチェックする事です。

 

以前の相場の値動きを確認して、現時点の位置を確認します。

 

そうしたら、「だいぶ行き過ぎた水準だ」とか、あるいは「もうすでに大多数の人が取引しているからこれから自分がエントリーしてももはや遅すぎるな」ということが見えてくる。

 

言うまでも無く今さら売買するのが遅すぎるなと思ったならば何もせず、そこはすっぱりと諦めることが肝心。

 

どう工夫しても自分自身の台本を譲らずに無理やり売買すると市場に押し返されて反対に損失を被ることになる可能性があります。

 

もっとも大体の場合、緻密な自らの物語を考えておけばエントリーがなすすべがないということにはなりません。

 

おそらく、実際に相場が変化する前の状態のはずです。

 

次に、差し当って自身がとろうとしているFX通貨の変動をじっくりと確かめる事が不可欠です。

 

仮にドル高が進むはずだという物語を記したのであれば、該当する外貨の動きに注目しておきます。

 

相場の上下動をチェックし始めたときでは、その外貨は変化する様子を見せることはなく上下に小さな上下動を繰り返しているだけでしょう。

 

だけど、その上下動を正確に気をつけていると、ある地点でじわじわと、ドル高へと市場が推移し始めます。

 

そこでドルの新規取引します。

 

普通は、そこまで念入りに事前準備さえしておけば、その取引で勝利する率は大きくなるはずです。